クラブで遊ぶアナタが、隅に立つ高身長でクールそうな男子を見つけ。ダンスに誘い、密着するうちに…スゴいのが当たったり、揉まれたり

雪広  >  うん…飽きないよ、この柔らかさ…幸せ感じてる…(ゆっくりキスを続けながら、お互いに愛おしむように胸と股間の手を動かしていて。るみの服越しの乳首も優しく転がし、摘まむように刺激しながら全体をたっぷり揉みほぐし…)  (3:44:25)
るみ  >  …ぅぁぁぁ…んはぁ-……私も幸せです…っぁんっ… ぁぁ-…雪広さん…好きになってるかも…(硬いところを握ってシゴキながら)  (3:47:46)
るみ  >  私の…すべて…知ってほしい…  (3:48:52)
雪広  >  んは…ん…俺も…るみのこと、好きになってるかも…というか、好きだよ…るみ…(唇を離し見つめながら答え、そのまま耳元で熱く囁き…服の中に手を入れて直接体温を伝えあうように揉みもみと…)  (3:49:52)
るみ  >  …ぁぁぅんっ…私も…雪広さんのこと…好き…チュッ…(気持ち伝えると照れ隠しのキス)…んはぁぁぁ…ぁっ…んぁぁっ…(服の中の手に感じすぎて)…もっと…熱いの感じてほしい…(股間の手はファスナーさげて硬いものを直接握る)  (3:55:23)
るみ  >  雪広さんの…硬くて…熱い…(握った手を動かしながら)  (3:56:27)
雪広  >  うん…この幸せ、手放したくない…(そっと胸元をはだけさせると、キスを胸へ…柔肌にチュッと唇を落としながら揉み回し…直接硬いモノを握られ脈打つのを伝える)  (3:57:12)
雪広  >  るみにドキドキして…熱くなったんだよ…(大きく主張していて)  (3:57:48)
るみ  >  …はぁぁぁ-んぁんっ… 手放さないで…ずっと…(胸にキスされながら揉みまわされるとアソコがドンドン濡れてくのがわかる)…雪広さんの硬いの…すごい脈…熱い… 私も…ドキドキしっぱなしで…トロットロ…かも…  (4:01:18)
るみ  >  雪広さん…私の胸…ちゃんと見てみて… もっと…手放したくないって思われたいの…  (4:02:58)
雪広  >  ん…そうなんだ…んっ…(優しく微笑みながら片手をそっと股に伸ばし、下着越しにゆっくりなぞればトロトロになってる感触を感じて…揉まれてない胸は口で甘く吸いつきながら刺激を重ねていく)  (4:03:14)
雪広  >  見てるよ…るみの胸も、るみも…(谷間にチュッと)  (4:05:31)
るみ  >  はぁぁぁ-んっ…ぁぁ…ぁっ…(下着越しに…胸は口で吸ってもらうと たまらなくなってく)…雪広さん…この硬くて熱いの…どうするの? んんっ…(胸突きだして仰け反るように感じてく)  (4:07:17)
るみ  >  胸…見た目…気に入ってくれた?…ぁぅっ(雪広さんのすること すべてが たまらない)  (4:08:29)
雪広  >  んっ…ちゅ…、硬いの…るみに味わってもらいたいな…かわいいお口に、トロトロなアソコに…(乳首を舐め、指で摘まんで強めな刺激も加えながら両胸をたっぷり愛撫して…下着の中に手を入れて指を優しく中へ入れて擦っていき)  (4:10:17)