成績が悪く行ける高校がないと言われ焦った貴方の親は高校受験に向けて大学生の美夏に家庭教師を頼むことに…授業のために貴方の部屋にきた美夏に対し授業そっちのけでエッチな悪戯をしてくる

司波 豊  >  童貞が良かったん…?(残念そうな美夏を見ながら)あぁ~気持ち…前にしてもらった女の子と違う  (23:08:04)
美夏  >  初めてって特別だから…絶対に忘れないでしょ?(先端を舌先でペロペロと舐め根元まで一気にくわえていくとゆっくり頭を上下に動かしていく)  (23:10:50)
司波 豊  >  確かにね~でも、次から毎回エッチしてから勉強や…ろ?(フェラをしてもらいながら)メッチャ気持ち…  (23:12:39)
美夏  >  んっ…ぁ…今日のエッチ次第かなぁ…(クチュクチュとわざと音をたてながら舐めていき根元から先端に向け舐めあげると一気に吸い上げる)  (23:15:54)
司波 豊  >  えー…満足させれたら毎回していんやね…(いやらしい音が響きながら)美夏ちゃん…お互い裸でしよ…  (23:18:15)
美夏  >  そうだね…満足させてくれたら毎回、エッチしてもいいよ♪…ただし、満足できたらだからね(いたずらに笑いながら着ていたニットを脱いでいく)  (23:20:48)
司波 豊  >  はよ脱いで~(笑いながら)じゃあ、毎回エッチ出きるようにがんばらなアカンな!満足してもらうように突きまくるから…(優しく抱き締めて)  (23:22:43)
美夏  >  まぁ、頑張って♪(中学生にイかされるわけがないと思い笑いながらスカート、ブラ、パンツと脱いでいく)  (23:24:29)
司波 豊  >  (余裕な顔をされながら)大人な体やなぁ~特にココ…が…♪(美夏のまんこを触って勝手に指を入れていきかき回していく)  (23:26:09)
美夏  >  ぁ…んっ…ちょっ…勝手に指入れないでっ…(ギチッと痛みを感じながら挿入された指の動きにすぐに愛液が溢れクチュクチュと厭らしい水音をヒビカセル)  (23:29:05)
司波 豊  >  なんでなん?ホンマに3日前にしてたん??痛そうやったで~(笑いながら指を動かして)  (23:30:42)
美夏  >  濡れてもないのに指入れるから…【中を犯すように動きまくる指に体がビクつく】  (23:32:10)
司波 豊  >  濡らして欲しいならそう言ってや~(指を二本にして)中きっついなぁ~(片手で美夏の胸を触りながらで)  (23:33:36)
美夏  >  んっ…言わなくても…やってよっ…んんっ…ぁ…(グイグイと入ってくる指をヒクヒクと襞は絡み付く)  (23:37:26)
司波 豊  >  次からね~♪(襞に絡まれながら)もう生で入れてい??入れて繋がりたくなってたから  (23:38:44)