黒子のバスケのキャラクターでテツヤと鈴が体育館のマットでパイズリ発射

鈴  >  んあ、だって、聞かれちゃうの恥ずかしい…。んん…!(2人でマットに横たわると、互いに求めるように舌を絡ませ続けて。両手でゆるゆると肉棒を上下に扱き、反応を見せるそれにますます目がとろんと蕩けてきて)だ、だって…初めてあげたの、黒子だもん…それからずっとずっと黒子がすけべなことするからあ…。(恥ずかしさで涙を溜めながら、相手を見つめて)ん、かたくなってきたね、…その、…お、おちん、ちん…。  (3:31:43)
黒子テツヤ  >  誰も来ないですよ…警備員さんも体育館は滅多に来ないらしいですよ?(たっぷり舌を絡め口を離すと唾液が糸のように伸びる。少し離れ制服を脱ぎ捨てると細身だが筋肉が付いてる身体に完全に勃起した見た目に似合わない巨根の肉棒を見せつけ)すけべな鈴…僕は好きですよ?マネージャーの時とは違う…僕にしか見せないエッチな鈴見せてください?(手を伸ばし鈴の制服に手をかけて。脱がそうとする。彼女の手も肉棒に触れさせ)おちんちんが…どうしたんですか?ちゃんと言ってください…  (3:36:57)
鈴  >  っん、は、…あっでもぉ…!(体をくねらせて、息を荒げて。熱い息を吐きながら、相手が脱ぐ様子を見つめて。ぶるん、と体に似つかわしくないサイズの肉棒が姿を現わすと、先ほどよりもしっかりと刺激を与えるようにしごいて)おちん、ちん…あの、く、黒子のでっかいおちんぽ、…おちんぽびんびんに、勃起してるの…。(恥ずかしさからか、口元を軽く隠しながら涙目で見上げ、いきり立った肉棒を扱き続けて)  (3:42:42)
黒子テツヤ  >  恥ずかしがらないでください…鈴のエッチな声聞かせて?(肉棒を扱かれれば先端から大量の我慢汁をあふれださせて。鈴の手を汚していってしまう)ん…気持ち良いですよ?鈴のせいでこんなにおちんぽ勃起しちゃったんだから…しっかり責任とってくださいね?(涙を拭いてあげ、再び軽くキスしてあげて。鈴の制服を脱がしていき、全裸にさせようと)  (3:47:02)
鈴  >  んっ、んあ…は…!(我慢汁が手まで滴ると、くちゅくちゅと音が響いて。はあ、と息を吐くと、一層スピードをあげて固さが増すように手コキを続け)はあ、っくちゅくちゅ、音すごい、っ黒子のおちんぽ、お世話する…ねっ…!好きなだけ、そ、その…ザーメン出していいからねっ…?(今まで何度も重ねてきたプレイで、相手が喜んでくれるようにと、わざといやらしい言葉で煽るようにして)ん、んっ脱がせて…  (3:53:32)
黒子テツヤ  >  はぁっ…すごい手コキです…(こちらも息を荒げいやらしい音に興奮する。手コキを続ける程肉棒はガチガチに固まってきてしまう)ありがとうございます…何度も鈴の大好きなザーメン出してあげますね…?(教え込んだ通りに淫語での手コキをされれば身体を震わせ肉棒も喜ぶかのようにビクビクと反応する。彼女を脱がせれば豊満な乳房に白い肌、肉つきの良いいやらしい身体が露わになって)はぁっ…いつみてもエッチなおっぱいに身体ですね鈴…イっちゃいそうです…  (3:59:36)
鈴  >  えへ、っう、うん…!いっぱい、出してね…!(一度手についた我慢汁をぺろぺろと舐めると、脱がされ露わになった胸を抱きしめて狭い谷間を作り)ん、おっぱいに、挿入して…その、びゅるびゅる、する…?それともそのままお口に突っ込む…?(いきそうと言う相手に問いかけるように、赤い顔でゆるく笑って首を傾け)  (4:05:26)
黒子テツヤ  >  んっ…おっぱいにビュルビュルさせてください…?(露わになった胸。狭い谷間に釘付けになると我慢できず先走りでドロドロの肉棒を挿入して腰を振り)はぁ…鈴のおっぱい病み付きになります…!このまま出しますね…(押し倒し馬乗りになってパイズリを始めてしまう。乳首を摘み引っ張ったりと刺激を与えながら腰を振り続けて)っ…出ます…鈴、僕のおちんぽからザーメン出るところ…ちゃんと見てくださいね?イクぅ…!(そう言うと胸の中で大量のザーメンを吐き出して。ビクビクと脈打ちながら勢い良く濃厚でドロドロしたザーメンが顔にもかかって)  (4:11:02)
鈴  >  あっ、あ、激し…!黒子に、おっぱい犯されて…っ!(ぱんぱん、と肉同士が激しくぶつかり合う音がすると、腰が押し出される度にゅるにゅると亀頭が顔を出し。乳首を刺激されると、甲高い声とともに体がびくつき)んっやあ!あっ、黒子っ、おちんぽザーメン出すとこ、ちゃんと、見とくからっ、ん!!(びゅる!と大量に射精された精液は顔にまでかかり、胸を真っ白にして。一面に立ち込める独特の香りに、ぽーっと顔を蕩けさせ)すご、たくさん…っ、黒子のにおいがする…。  (4:17:16)
黒子テツヤ  >  はぁはぁ…たくさん出ちゃいました…(息を荒げ胸から肉棒を引き抜けば巨乳を真っ白にして蕩ける鈴の姿。手を伸ばし胸を鷲掴みしてザーメンを塗り込んで…)僕の匂い好きですか…?身体に染み込ませてあげますね…(精液を鈴の身体に染み込ませ。柔らかい肌を触っていれば射精したはがりの肉棒はすぐに大きさと硬さを取り戻していき)…僕ばかり気持ち良くなってすいません…鈴のおまんこも舐めてあげましょうか?それとも…いれちゃいますか?  (4:23:35)