「盗賊」として悪名名高い銀髪可憐なチェイサー。しかしある日、忍び込んだ屋敷で捕獲され、両腕を吊るされてしまう

主♂  >  (侵入者を捕えたという知らせを警備から聞いて、屋敷の奥まった部屋まで足を運ぶ。薄暗い部屋の中には両腕をつるされた状態のチェイサーがいて)ほぅ…これはこれは…(にやにやと笑みを浮かべながら近づいていく。相手が動けないとわかっているからこその余裕で)珍しい侵入者がいたものだ…目的が何だったのか、教えてもらおうか(尋ねながら体つきをじろじろと見まわして)  (16:27:27)
チェイサー♀  >  (視界もややおぼつかない暗闇で、得意のナイフも取り出せないほどに固く腕を締め付けられて、ついに現れた男にたいし、不敵な笑みをむりやり浮かべたような表情をして) もちろん、これだけの屋敷なんだからいい金目の物が手に入るかなってね (隠すようなことでもなく、堂々と白状しながら、露出した腹部から、強調するような胸元が男を挑発するように)  (16:31:28)
主♂  >  なるほど…正直者は嫌いじゃないよ(明け透けな答えに鷹揚に笑いをあげる。話をするための距離からさらに一歩、ちかづいて)では…捕まったらどうなるか、という事も当然考えていたのだろうねぇ?こんな恰好をしているぐらいだし(脂肪のついた手が胸を下から持ち上げると、胸元はさらに深くなって、表情を伺いながらゆっくりと指を動かし)  (16:37:47)
チェイサー♀  >  まさか、あなたみたいな下品なのが出てくるとは思わなかったけど――(完全に身動きのとれない、窮屈な体勢ながらも悪人のように煽りを口にして) …っ、やっぱり、すぐに打ち首にしないなんて、そういうことなんだ…(胸を寄せ、上げられると余裕な表情も小さく汗をかいて、覚悟はしていたけれども、という、引きつった表情に打って変わり)  (16:42:29)
主♂  >  それはいけないなぁ。下調べはしっかりしないと…商売においても基本だよ(気を悪くした様子もないのは、絶対的優位を確信しているからでもあって)君が男であったらすぐにそうしていたよ…女に生まれて幸運だったねぇ(動揺が見られると嗜虐的な笑みを浮かべて、意識させるように大きく何度か形を変えさせると、指先が伸び、胸元にひっかけるとゆっくりと開いていって)  (16:48:27)
チェイサー♀  >  あいにくそんな一般常識持ち合わせていなくてね…(綺麗なほどにも伸びた銀髪に隠れ潜むよう、小さく汗を浮かばせながらも受け答えにひるんだ様子は一切なく) 幸運、ね。どうだか、…っん…!(しかし当初の余裕と比べれば、頬もほんのり赤く染まり、意識しざるをえないほど、男の手で乳房が何度も何度も形を変えられ、やがては押し隠すような喘ぎももれてしまいながら)  (16:51:39)
主♂  >  ではこれを機にしっかり学んでおくといい…そうしていれば、今のように捕まったりはしなかったかもしれないからねぇ(にたにたという笑いはおさまることなく、問答も楽しんでいるようで)私はしっかりとさせてもらうよ。例えば…君の乳首はどんな色をしているのか、とかねぇ…?(胸元が開かれて先端まで露出させると、人差し指と親指でぎゅっとつまんで)  (16:56:24)
チェイサー♀  >  そう。とても解放するきがあるとは思えないけどね…(厳重なほどに隔離された空間で、辺りを見渡すように目を配らせて) っ、ぅ…! それも、…おあいにく様。こう見えて男性経験は少なくてね(乳首を摘ままれた瞬間、きゅ、と唇を噛み締めて声を押し殺しながら、吊るされた二の腕がぴくりと反応して)  (16:59:59)
主♂  >  そうなのかね?だが、口ではなんとでも言えるからねぇ…(反応を見ていると経験豊富とは思えなかったが、疑うようなことを口にして)この分なら、毒を塗られたりはしていないようだねぇ…ペロッとなめた瞬間に卒倒などは、御免こうむりたいからねぇ(くりくりと二本の指を動かして乳首を転がしていく。僅かでも反応を見せると、にたぁと、いやらしい笑みが深くなって)  (17:04:34)
チェイサー♀  >  ぅ、ん…! (すっかり、力強く瞼も閉ざしてしまうほどに余裕をなくしてしまいながら、体は素直に反応を強くしていって) そっちは専門外…っ、ぁ! こんなことなら暗殺者にでもなっておくんだったかな… (油断をすればすぐに小さくも喘ぎが漏れ出して、声を押し殺していくうちにやや息も上がっていき、女性らしい顔つきを強いられてしまいながら)  (17:08:34)
主♂  >  そんなものより、娼婦になることを私はお勧めするよ(二本の指が女としての感覚を引き出しながら、別の手がわき腹から腰の方へと、身体のラインをなぞって)この身体付きなら道端で客引きをするのでなく、高級娼婦も目指せるだろうね…そちらなら、お金を払ってやってもいいぞ?(腰から晒された太ももへ行きつくと、手のひら全体で撫でて)  (17:14:34)
チェイサー♀  >  …、ッ!悪いけど、遊び人になるきはさらさらない、っ、ん…!(たびたび滲み出る甘い声が強い説得力も引き出せず、今や男の手に自由にされる他、ろくな抵抗もできずに) 遠慮するわ、本来ならあなたみたいなの、のお相手なんてのも御免こうむりたい、…ぐらい、っ (指が這っていくところを目で追っていくように、ぞくん、とくる刺激に目つきがおぼつかず)  (17:18:53)