成績不良を理由に変態中年メタボ教師に色々変態命令され最後は種付プレスで寝取り中出し

中年教師  >  ぐひひ…じゅるるぅっ、れろ、じゅぶ…れるぅぅ…(いやらしく舌を絡ませ返しながら、乳首を指で何度も擦り上げて、ついでにアコの腰使いにあわせて水着一枚越しで性器を擦りあい)ぷはぁ…さあ、そろそろ自分でも食べたいだろう?ほら、スプーンを貸してやるから、そこのヨーグルトでもどうぞ…んひひ(アコにスプーンを握らせれば、両手とも胸へ。乳首を楽しい玩具みたいに指で転がしながら、普通のヨーグルトに味つけした、ザーメンヨーグルトを食べるよう促す)  (4:14:29)
玉置亜子  >  んん…はぃ…頂きますぅ…(単位とか補習とか関係なく弄られる事を受け入れ、拒否も全くせずおまんこを濡らし喘ぎながらヨーグルトを掬って口に運び)変な味がしますよぉ…それに凄くネバネバしてますぅ…(ザーメンヨーグルトをくちゅくちゅしながら先生を見つめ)  (4:18:28)
中年教師  >  変な味? 好きか嫌いかでいえばどっちかねぇ?んひひ…(振り返ってこちらを見つめるアコに、いやらしく笑う。股間では、ザーメンを食べさせたことでちんぽが興奮で脈打っておまんこを強く擦り、ついでに両乳首ともに強めに摘んで、引っ張ってと、気持ちよくしてやって)  (4:20:02)
玉置亜子  >  ぁ…嫌いじゃ…ないかもぉ…んっ…ひゃぅ…!(乳首とおまんこで感じてもう一口ザーメンヨーグルトを食べ)癖になる…味って感じですぅ…んんぅ…!(飲み込むと同時に、また軽くイって)  (4:22:37)
中年教師  >  おお、んひひ、そうかぁ…なら、もっとおかわり用意してやろうなあ…でも、その前に…ぐひひ、そろそろおやつは終わりにして、補習の仕上げといこうか(もう乳首でイくぐらいまで発情してるアコに、その耳元へと顔を近づけ)残りの補習は奥でやるから、一緒にいこうかぁ?(そういってから耳を舐めて、アコを寝室へ連れていこうと)  (4:25:38)
玉置亜子  >  ぁ…んっ…(耳元で囁かれ舐められても嫌がるどころか、少し嬉しそうな声を漏らしてしまい)はぃ…残りの補習…お願いしますぅ…(少しエッチな事を考えもしたけど、小さく頷いて補習をお願いして)  (4:30:25)
中年教師  >  (返事をしたアコを連れて、寝室へ。敷きっぱなしの布団だけでなく色んなものが用意してあり)さあ、玉置、最後の補習はそうだなぁ…色々混ぜて、ついでに素行がよくなったこともわかるようにと…先生の前でこれに着替えなさい、んひひっ(アコへ差し出したのは、スカートは超ミニ、胸もほぼ丸出しという改造済みの文化祭の時のメイド服。完全にセックス目的の格好で、その証拠に先にスウェットを脱いで、生ちんぽを取り出していて)  (4:35:44)
玉置亜子  >  メイドなんて似合わないですよぅ…?それにこれ…丸見えじゃないですかぁ…(嫌がる言葉を言いながらもドキドキしながら目の前で着替え、乳首を硬く尖らせた胸、濡れてヒクついてるおまんこを晒し)先生まで脱ぐ必要…あるんですか…?(興味はあるものの初めて見るちんぽはやっぱり恥ずかしく、チラチラと見て)  (4:39:38)
中年教師  >  もちろん、素行調査だからなぁ…んひひっ、先生に従順に接してくれたら、良い子になったって皆に伝えられるだろぉ?(いやらしい目でたっぷりと乳首やおまんこを見て、ちんぽを大きく跳ねるように脈打たせて)じゃあ、補習の仕上げだ、んひひ…布団に寝て、足を大きく広げるように。しっかり大きくな…?んひひっ!(ちんぽに何度も視線をやってるアコに、腰を突き出すようにして誇示してみせる。指定のポーズとセットで、明らかにセックスの準備)  (4:42:03)
玉置亜子  >  確かに…そう…ですね…(視線と跳ねるちんぽに更におまんこを濡らして、お汁が太ももまで垂れ)…はい…(ルシアンに対する罪悪感より散々弄られて高ぶった気持ちと興味が勝って、素直に布団の上で足を大きく広げて、おまんこを晒し)  (4:45:18)
中年教師  >  そうだぞぉ?先生に良い子であれば、単位ぐらいたっぷりやるからなぁ…んひひっ(言う事を聞いて、ハメ要求ポーズに近い格好をしたアコに覆い被さると、当たり前のようにちんぽを押しつけ)それじゃあ、先生の指導をやろうなあ…ハメハメしたことのない亜子まんこに、先生のちんぽで愛の指導をしてやるからなぁ…んひひひっ!(そのまま、無防備なおまんこへとちんぽを挿入していく。初めてなアコに一応は気遣う風に、ゆっくりの挿入で体重をかけて、ハメていき)  (4:47:13)
玉置亜子  >  ふぁ…ぁ…入って…きちゃぁ…ひぐぅ…!(痛みと快楽を一緒に味わい戸惑った顔で見つめるけど、おまんこでは入ってくるちんぽを締め付け)  (4:50:07)
中年教師  >  どうだ亜子ぉ…んひひっ、処女おまんこに先生のちんぽ受け入れて、ルシアンより先に許した気持ちは…んひひっ!(下品に笑いながら、ゆっくり腰を使いはじめる。抜いていっては奥を素早く叩くみたいに。ついでに両手で胸を揉んで、乳首を弄ってと、おまんこが馴染むまでは堕とす下ごしらえを進め)  (4:52:38)
玉置亜子  >  んぐぅ…!ぁ…!痛いですけどぉ…ぁっ…気持ちよくもあってぇ…嫌じゃないですぅ…(罪悪感が無くなり、奥を突かれるたびに気持ち良さが込み上げてちんぽを締め付け、表情も蕩けきって)  (4:55:42)
中年教師  >  そうかそうかぁ…ぐひひ、亜子まんこも気持ちいいぞぉ…先生のちんぽをこんなに締め付けて…おおっ、たまらん…(少し前から当然のように下の名前で呼び捨てていて、指で乳首を弾いた後は、しっかり体重をかけるように身体を前のめりにし)さあ、ここから本番だ…亜子の頭の中、先生のちんぽだけにして素行不良から学校大好き娘に変えてやるからなあ…!(そうして腰を激しく振って、種付けピストン開始)  (4:57:58)