アップデートにより母乳が出ちゃうようになったボーカロイド同士が、おっぱいでエッチなことを

巡音ルカ  >  はぁっ、はぁっ…///(互いの肌を濡らしていくミルク…勿論驚きはするけど、それ以上に興奮が止まらなくて)は、ハクっ、あたしもうだめっ、もっと熱くなりたい…!(中途半端に残った衣装をするりと脱いで、全裸に…)  (2:50:55)
弱音ハク  >  んぁあっ、これ、ミルクですかぁ?ぁんっ(とろとろの白い液体に驚いて、でも余計に淫らになって、興奮したままで)わ、たしもっ、もう我慢出来ません…♪(私も服を全部脱いでは、求め合うように全身を絡ませるように抱きついて)  (2:52:36)
巡音ルカ  >  あぁあっ、すごっ…ふ、二人してミルク出しながらっ、こ、こんな…//(ぎゅーっと抱き合うと再び柔らかい胸同士が刺激し合って。ミルクのおかげで滑らかに擦れ合う肌…)は、ハクっ、ちょっとだけ…はむっ////(甘い香りに我慢できず、ハクの胸にしゃぶりついちゃう)  (2:56:28)
弱音ハク  >  ん、あっ♪こ、れっ、すごい、ですっ…はぁあんっ//(抱き合って、押し付けあって、ミルクでぬるぬると淫らに擦り付けあって。)る、ルカさん?ぁぁあんっ♪やっ、すいついちゃ、ぁあっ♪♪(吸い付かれると、勢いよくミルクが溢れてきて)  (2:58:21)
巡音ルカ  >  んっ…んんんっ!(吸い付いたらミルクの量が増えて、一気に口の中が甘い味で満たされて)んっ♪ちゅぱっ…//ひゃっ、だ、出し過ぎよぉ…♪(口から離すとミルクが顔にかかって、淫らに微笑みながら…)  (3:02:50)
弱音ハク  >  ん、はぁっ♪だ、だってルカさんが吸うからぁ…あっ♪(たっぷりミルクを飲んで、ミルク塗れの表情で見詰められると我慢出来なくて)じ、じゃあお返しですよ…んむっ♪(貴女の大きな胸に吸い付いてはいやらしく乳首を舐め始めて)  (3:04:14)
巡音ルカ  >  お返しって…ひぁあっ!?(乳首を舐められると、此方も勢いよくミルクを溢れさせてしまって)あっ、き、気持ちいいのぉっ♪あはぁっ♪んんっ♪(喘ぎながら、吸ってるハクの姿が可愛くて…悪戯にと、ハクの胸にタッチして…)  (3:10:05)
弱音ハク  >  ちうっ…ぁはっ♪ルカさんのミルク、いっぱい…♪(期待してたからいっぱい出ても嬉しそうに吸ってて。)良かった…ぁんっ♪んんっ、も、もっと…♪(吸いたいのと、触ってほしいの両方でおねだりしながら、舌で舐め回しては強めに吸い上げてミルクを飲んで)  (3:11:52)
巡音ルカ  >  あぁんっ、す、すごいのっ、ハクに吸われるのもっ、ハクのおっぱいの柔らかさだってっ…♪(優しくも激しく揉みくちゃにしながら)あはぁあっ♪し、搾り取られるみたいですごいぃっ♪い、いっぱい飲んでっ、あたしの淫乱ミルクいっぱいっ…♪  (3:17:01)
弱音ハク  >  あっぁっ♪柔らかい…?わたしの、おっぱい…ゃあん♪(激しく、でも優しく揉みしだかれて甘い吐息を漏らしては、反対側の乳首に吸い付いて)はいっ…ん、あっ♪ルカさんのミルクぅ…ちゅうっれるっ♪♪(ねっとりと舌を絡めては音を立てて吸って)  (3:18:57)
巡音ルカ  >  ああぁあんっ♪き、きもちいいっ、あっ、はひっ♪お、おいしい?あたしのミルクっ、あぁっ、はぁっ、はぁあんっ…♪(此方からも…と思いながら、気持ちよくて、攻める余裕がなくなってきて)あっ、あたしっ、こんな乳首弱いなんてぇ…♪あぁっ、はぁあああんっ!(嬉しそうに、されるがままに快楽を貪り)  (3:24:42)
弱音ハク  >  んっちゅっ♪おいしい…♪とっても、おいしいっ…♪♪(すっかり貴女のとろっと甘いミルクに夢中になっては、少し意地悪に乳首を甘噛みしてはいやらしく吸い上げて)わたしも、弱いけど…ルカさんの、エッチ…♪_あむ、れるっ♪♪(ねっとりと舐め回して、今度は貴女の胸を寄せて両方の乳首を一気に吸い上げて)  (3:27:26)
巡音ルカ  >  お、おいしい…?よかった…あぁっ!(甘噛みに快感が走って。ミルクは減ることなく、むしろ増えているようで…)え、エッチだなんてっ…ひゃああっ!あぁああっ!////(両方…!表情は蕩けて、たまらなくて…)すごいのぉっ♪お、おっぱいすごいのぉおっ!(品もなく、いやらしく叫んで…♪)  (3:32:42)
弱音ハク  >  んっ、もっと、ほしいです…ミルク、好きぃ…♪(どんどん溢れるミルクにうっとりしながら飲み続けて、いやらしく乳首を責め立てて。)ふふ、とってもエッチですよ…♪そろそろ、ですか?(イきそうなのを感じながら、両方の乳首を甘噛みしては思い切り吸い上げて)  (3:36:58)
巡音ルカ  >  はぁっ、あぁっ、は、ハクぅっ、ハクぅうっ!(可愛い表情、可愛い声…そんなハクにトロトロにされている自分)な、何で分かるのっ、んっ、き、来そう、すっごいの来るぅっ!んぁあああっ、きたっ、イクっ、おっぱいだけでイクぅ…っ!(ビクンッ!と大きく揺れて)ぁああっ、気持ちいいのっ、ぁあああああっ!(絶頂に達しながら、ミルクまで吹き出て…)  (3:45:26)