城下町のダンデライオンの櫻田奏が卑猥なオイルマッサージを受けてしまい

達也  >  あ、奏様いらっしゃいませ。奏様は初めてでしたね。ここは王族も御用達の個室マッサージ店になっていまして、店主の達也と申します。今日はよろしくお願いします。さっそくですが施術にはいりますので、あちらの更衣室でマッサージ用の衣装に着替えていただけますか?(奥の扉の更衣室を指差して)  (17:35:26)
櫻田 奏  >  分かりました。よろしくお願いします。(丁寧な対応の達也に若干緊張が和らいだ様子。指示された更衣室の中に入ると置かれていた衣装を手に取って)うわ……ちょっと面積少なすぎない?このビキニ……。こんなものなのかしら……。(予想よりも布地の小さなビキニ状の衣装に恥ずかしさを覚えながらも着換えていき、胸元を手で隠したまま達也の元まで戻ると)えっと……じゃあ、お願いします……。  (17:40:32)
達也  >  おお~さすが、奏様♪水着も綺麗に着こなしますね~あ、でもマッサージでもむところ以外はシーツで隠しますので。では、早速ベッドへうつ伏せで寝ていただけますか?(下心を隠しながらベッドへ誘い)  (17:42:48)
櫻田 奏  >  そ、そうですよね。あはは……。(照れた様に笑いながら、言われた通りベッドへとうつ伏せになる。推定Fカップはあろうかという、豊満な胸がうつ伏せになったことで大きく押しつぶされて)な、なんだかやっぱりこういうのって恥ずかしいですよね……。(顔を赤く染めながら、気を紛らわせようと達也に話を振る)  (17:49:40)
達也  >  そうですかね?仕事上俺は慣れてしまっていて…この前は光様が来てましたよ?アイドル仕事で疲れたーなんて言ってましたが…(雑談にノリながら)では、すこし冷たいですがまずは腰辺りにオイルを塗っていきますね。(さっき用意したオイルを腰の部分に垂らして手で伸ばしていく)どうですか?徐々に効いてきますので♪  (17:52:39)
櫻田 奏  >  あの子も忙しそうにしてますからね……。っ……!は、はい……分かりました……。(冷たいオイルの感触に一度驚くが直ぐに慣れた様子で)あ……なんだか気持ちいいかも……。(にちゃにちゃというオイルの音を聞きながら施術を受ける。疲れた体には効果覿面ですっかりリラックスした表情になって)  (17:57:19)
達也  >  奏様もお疲れのようですね…(オイルを腰全体に伸ばして背中にどんどん広げていく)お父様も仰っていましたよ。皆様が選挙に集中できるよう来たときは思いっきりやってくれと。(薄暗い部屋で二人っきり…さらに室内のアロマの匂いでリラックス効果を上げている)  (17:59:51)
櫻田 奏  >  んっ……。そう、なんですね……。(段々と媚薬が効いてきたのか、施術で達也の手が触れる度に小さく嬌声の様なものが出てしまう。不思議と呼吸も乱れ、表情には色気が出てきてしまって)はぁっ……んっ……あっ……!  (18:03:34)
達也  >  おっと…そろそろ効いてきてるかな…?(ぼそっとつぶやいて)次は脚もやりますね。いつも演説は立ち仕事ですし…一番疲れてますよね?(オイルを増量させて奏の両方の太ももに垂らしてしっかりとマッサージしていく)  (18:05:16)
櫻田 奏  >  んっ……!は、はい……最近は学校の方も忙しくって、特に足と肩にきてる気がします……。(言う事の聞かない自分の体に戸惑いながら、声を抑えようと口元に手を当てる。それでも時折自分でも驚く様な甘い、女の声が漏れ出てしまって)  (18:09:00)
達也  >  そうですかぁ…じゃあ、こんなマッサージはどうですか?(お尻に手を当てて揉み始める)ここも解すと脚の負担が和らぐんですよ?  (18:10:37)
櫻田 奏  >  んぁっ……!(感じやすいのか大きく矯正を上げてしまう。普段なら怒って手を上げる様な場面だが、今日は気持ちよく感じてしまい)んっ……気持ち、いいです……。  (18:12:51)
達也  >  オイルのリラックス効果のおかげですかね?(ぷりっと大きいお尻を何度も揉む手が徐々に激しくなって)そういえば、肩も凝ってらっしゃると…やはり大きいとコリがひどいんですかねぇ?  (18:13:54)
櫻田 奏  >  ひぅっ……!んっ、あっ……!(達也の動きが激しくなる度に奏での口からは嬌声が漏れて)はぁっ、はぁっ……そうかもしれません……。最近また少し大きくなってしまって……。(雰囲気に流されているのか達也の質問にも素直に答えてしまう)  (18:18:03)
達也  >  なるほど~奏様もまだまだ成長されてるんですねぇ♪(お尻を触りながらチンポを大きくさせているも奏の死角のため見られていない)胸の方もマッサージしますか?揉めば肩への負担はかなり和らぎますよ?(答えはわかっていながらも奏に質問する)  (18:20:39)