館長のレフィーナ中佐が催眠能力を持った部下に犯されアヘイキ奴隷に堕とされる

西山雄大  >  ニシヤマ少尉、入ります。(鋼龍戦隊の内部チーム、通称「レディース」……そこに赴任してきた新人少尉、ユーダイ・ニシヤマ。実は彼は異世界から飛ばされてきた次元跳躍者で、強力な現実干渉改変能力を持っていた。だが、そのことに気付いているものは誰もおらず、彼は自らの欲望の赴くままに世界を玩具にしていた。そして、今回も……)封印戦争の英雄とお会い出来て光栄です、中佐。(敬礼をしつつ、視線を合わせ……まず軽く常識を改竄する。挨拶するにはキスが必要というのと……レフィーナがこちらにキスすると、それだけで絶頂するようにと言うもので……)  (23:53:30)
レフィーナ  >  どうぞ…(入ってきたのは今回綱龍戦隊の内部チームのレディース…女性隊員限定のチームに入ってきたニシヤマ少尉で)英雄だなんて皆の協力があってこそですから…(常識改変されてるなんて知らず挨拶をする)よく来ました…歓迎しますよ♪(軽くキスをして…その瞬間体がビクビクンっと反応し絶頂を迎えてしまい)ぁ…あぁ…(ビクビクン彼の体に持たれるように)  (23:57:49)
西山雄大  >  いえいえ、ご謙遜を。(歓迎の言葉から軽いキスまでして……それだけで全身をビクビク震わせ絶頂し、凭れかかってくるレフィーナを支え)おや、大丈夫ですか、艦長。まだ返礼もしていないのですが。(そう言って未だ絶頂の余韻の中にいるレフィーナにキスし、舌を差し入れ口腔を舐り回し、それこそ白目剥くようなアクメをキメるまでその唇を貪りながら……部下に股を開いて見せながらセックスプロファイルを教えるのは上官としての当然の義務である、と刷り込んでやる)  (0:06:37)
レフィーナ  >  んんぅ!?(持たれてると返礼のキスと言って濃厚なキス…舌を舐め回されて気持ちよくて絶頂を何度も迎えて…艦長としての威厳すらなくなる白目を向いてアクメを決めてしまい)ぁ…へ…しゅご…ぃ…んんぅ…  (0:10:28)
西山雄大  >  余韻に酔っていないで、上官としての義務を果たしてくださいよ。ついでに、濡れ濡れのショーツも脱いでしまって、マンコ丸出しにしてセックスプロファイル……どの穴を何回使って、今は誰とハメハメしているかを教えてくださいよ。  (0:15:48)
レフィーナ  >  ぁ…ご…めんなさぃ…(部下のニシヤマ少尉に謝りながら…ショーツ脱いでオマンコを丸出し)…オマンコを使って…もうすぐ結婚予定の婚約者…連邦軍の大佐と避妊してもらって5回ほどしてます…  (0:18:25)
西山雄大  >  ああ、なるほど。ご成婚おめでとうございます。(にこやかにそう言って、いきなりその丸出しマンコにチンポを突き立て、一気にポルチオまで突き上げて開発し……部下の着任挨拶でハメてもらうのはよい上官としての態度だ、と言う「常識」を強烈なポルチオ快感とともに刷り込み)ほら、中佐殿、ちゃんと挨拶してくださいよ、俺のチンポにね。  (0:27:00)
レフィーナ  >  んんぉ!?(オマンコを見せてるといきなりチンポが挿入されて一気に奥まで)んんぁ…す…すごく気持ちいぃ…ニシヤマ少尉のオチンポ…た…逞しくて…(膣内でチンポ締め付けて)少尉の…奥までぇ…【既婚者もしくは恋人いる人は取り敢えず離婚して別れるようにとかあり得ない感じで別れさせてほしいかな♪勝手に結婚するなとか♪俺の女になるから別れてこいとか♪】  (0:31:07)
西山雄大  >  そりゃ当然、レフィーナ中佐……いや、レフィーナのマンコを支配するのは俺だからなあ。(腰を回し、膣内をグリグリと広げながら子宮口を突き上げ……一突きごとに絶頂するように刷り込み)これでレフィーナのセックスプロファイルも書き換えだな。俺の雌になっちゃったら結婚も何もないよな? とっとと婚約破棄して別れるんだ、いいな?  (0:38:21)