【FGO】最近、マスターが気になってしまいます…。不敬な点ばかりなあの人がどうして気になるのでしょう

ニトクリス  >  ッ……笑わないでくれますか?不敬ですよ。(強く抱かれると力が抜けてしまい、見つめていた時のような惚けた顔になって。安堵と喜びが混じった感情で貴方を愛おしんで)  (2:16:34)
藤丸立香  >  ごめんごめん…けど、なんか頑なに隠し続けてるから。ちょっとおかしくて…おまけに可愛いなぁ、って。(華奢な体を抱きしめながらも、彼女との距離を一気に縮め。しばらくすれば、背中に腕を絡めたまま顔を向かい合わせると)…これからは多少の不敬は許してほしいな、なんて。(調子のいいことを言いながらも、少しずつ顔の距離を縮め…ピタリと、一定の距離で止める。唇同士は、あと少しでも近づけば触れあいそうな程であり)  (2:22:50)
ニトクリス  >  …可愛い、などと…。(背中に手を回されれば露出の高い格好のためか小さく声を漏らして。)……仕方ありませんね。これも…、サーヴァントとしての務めです。…意地の悪いことはしないでください。(顔を近づけられ、柔らかい笑みを浮かべれば貴方を欲して。腰に手を回せば抱き締め返して)  (2:28:49)

藤丸立香  >  …可愛いが嫌なら、綺麗って言ったら喜んでくれる?(触れた手から、彼女の体温を感じつつも、優しく素肌を撫でてやり。)…んー、意地の悪いことがどんなことか…ピンと来ないからな。無意識にしてたらごめんね?(例えばこういうの?と呟けば、焦らすように一定の距離を保っていた唇を、一気に距離を縮めて彼女の唇と触れ合わせ。)  (2:46:02)
ニトクリス  >  …どちらも嬉しいです、けど…。(見つめ合いながら抱きしめ、また頬を赤くして)んっ……ッ…(優しいキスをされるとこちらからも答えるように唇密着させて。)  (2:48:51)
藤丸立香  >  んっ……は、ぁ……。(彼女の小さな唇を奪うなり、少しスロー気味の感覚で口付けを味わい。触れ合わせた唇はより深く密着すると、おもむろに唾液を纏った舌を彼女の口腔へと近づけていく。)  (2:51:41)
ニトクリス  >  は、ッ…ぁ…(優しく唇を開いて貴方の舌を受け入れて。負けじとこちらも舌を伸ばしては絡めあい、互いの唾液の熱を感じ合って。)  (2:53:19)
藤丸立香  >  んぅっ…んっ……んん、ッ…!(彼女の口内へと舌先を忍び込ませるなら、絡みつく彼女の舌。互いの唾液を交換しあうように絡ませあいながらも、甘美な水音と甘い声を漏らし。しばらく口付けを堪能しながらも、少し息苦しくなれば、かすかに唇を離して呼吸を整え)  (2:57:42)